スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年02月20日

Mk18 Mod.1も更新?

今日も今日とてSNOW迷彩のSEAL画像ネタを。


SEAL御用達のMk18 Mod.1

ゴーグルやVERTXは昨日のガナーと同じようですね。
NVGマウントはオーソドックスなL2G05。

装備はマルパーか1961のようですがイマイチどちらか不明です。。。
バックパックも不明ですがカラーはマルチカム。
ガナーと同様バラエティに富んだ構成ですね。

Mk18は、サプレッサーがSurefireのSOCOM556に変わってるのが斬新ですね。
メーカーHPのSOCOM556-RCに「SOCOM CONTRACT WINNER」の文字が輝いてるので、実際に配備が始まった感じでしょうか。

オプティクスも最新のEXPS3ですね。
ウェポンライトもITIのWMX200とこれまでの標準的なセットアップから若干変わっています。
隊員のチョイスなのかある種更新時期なのか、不明ですが見慣れた553やM3sとは雰囲気が変わって面白いです。
しかもこの隊員、ストックパッドが無いという変り種ですw


Mk18を持ったスナイパー

もう一人Mk18を持ったスナイパーと思われる隊員も、同じようなセットアップですね。
ゴーグル、VERTXはもはやお約束。
装備も1961Gにバックパックとここも一緒。

Mk18のセットアップも先ほどの隊員と同じです。
ただし、サプレッサーは付けてないのでSurefireのハイダーである事が見てとれます。


これら画像、コマーシャルとの話もあり支給品かは微妙なところですが
Mk18のセットアップが新旧混在であることから、なかなかイイ線いってるのではないでしょうか。
となると、本当に更新時期なのかも知れません。
  

Posted by BULL at 02:18Comments(2)Guns

2015年02月19日

Death Machine

寒い日が続いて、東京でも雪が舞う日があったり冬真っ只中ですが、
そんな季節的にタイムリーなSEAL画像がSNSを中心にちらほら見かけるようになったのでネタにw

4人でデジタルSNOW迷彩(仮)を身にまとって山岳訓練時のような画像ですが、
Mk18 Mod.1、Mk17などSEALの代表的なウェポンの中で一際目を引くこの人。。。


Mk48 Mod.1 Death Machine

デスマシーンスタイルは、それこそ映画「プレデター」かベトナム戦争時くらいしか思いつかないですが
現用でもまさかこのように目にするとはw


別角度からも

ゴーグルは、Oakleyの新しいスノーゴーグルですね。

デジタルSNOW迷彩は、最初「Multicam alpine」とも思ったのですが迷彩柄が別物のようです。
ただ、ウェアにブランドマークらしきものが散見されるので恐らくメーカーはアレですね。

と思ったら、あっさり出てきましたね。

VERTX OVERWHITE SET

装備はマルパーのファステックキャンセルしたり、スプレー吹いたりカスタムされてますね。
ライフルマン用の予備マグを持っていると思われます。

カバーがかかっているので、詳細は不明ですが背負ってるパックはAOR2とバラエティに富んでる構成w

Mk48は、ストックも伸縮ストックにヒートカバーも取り去る男前仕様w
軽量化を図っていくとマシンガンもここまでシンプルになるもんですね。


限定的な装備ながら新鮮な印象を受けますね。
そして、Mk48のエアソフトはいつ出るんでしょうw  

Posted by BULL at 03:06Comments(0)Guns

2014年07月31日

HGネタ

この週末、猛者達!?が手ぐすね引いて待っている「UOC HG」が開催されますね。
誰が誰だか本当にわからないメンバー発表されてから、情報戦が展開されいつも以上に盛り上がってる気がします。

ギアログでも公式プレマッチのようなゲイムが登場したりして、UOCの完成度も回を重ねる毎に上がっている!?というか進化していると思います。
特に今回は、夏場開催でHG(ハンドガン)メインの戦いですからさらにハードコアぶりが上がること間違いなさそうです。

諸事情により私は参加できませんがw(ぉぃ

そんなUOC HGに関連して・・・
DEVGRUのハンドガンネタでも。


いつものようにマーク・オーウェン氏の公開画像から

海軍特殊のアイコンであるSIGと新アイコンになりつつあるHK45CTが見事鎮座してますね。
画像が若干不鮮明ですが、SIGは普通のレール付き226のように見えます。
そして、新型の20連マグがしっかり付いてますね。

少し前から海の226にはこの20連マグがちらほら登場しますから、DEVGRU・SEAL共に
9mmの20連マグ所持は結構当たり前になっているじゃないでしょうか。
と思ったらイラクの時にすでに旧20連マグが登場してるので、やっぱり9mmは弾数勝負ってことなんでしょうかね!?

棚に転がってる226のマグは通常の15連マグなので、予備マグは15連で初期ロード20連という可能性もありますね。
こういう装備の妄想してる時が楽しかったりもしますw

HK45CTは棚に転がってるマグも含めて10連になってます。
レールの下に何か着いてますが、アタッチするライト用の別付けレールのように見えますが詳細不明です。
レーザーかとも思いましたが、そこまで機械的な物に見えないですしうっすらレールっぽいのが見えるので
HK45CTの短いレールでは干渉するライト類を取り付けるために、別付けのレール。。。と予測してます。

サプレッサーはどちらもAACのようですが。。。
サプレッサーの付いたハンドガンを見て、いつも思う謎がどうやって携行してるのかw
HK45CTはナイロンホルスターにサプレッサー付きのまま携行してる姿がSEALで確認されてますが。。。

サファリランドにしてもCQCにしても、今最も見かける各種ホルスターはサプレッサーには対応してませんから
別に持つしかないんですよね。
とはいえ、作戦中に取り出してグリグリねじ込むような行為をするか!?と言われると何とも言えませんねw

ま、サプレッサーが付くとダーティなイメージが増して特殊部隊のハンドガン。という気がして格好いいのですが。
まだまだ、謎がたくさんありますね。その追求が楽しみの一つだったりします。  

Posted by BULL at 17:56Comments(0)Guns

2014年03月25日

DEVGRU的HK416の小物

いつもはナイロン装備系のネタばかりですが、今日は珍しく銃器系のアイテム。


GG&G「AR15/M16 SLING ATTACHMENT RECEIVER END PLATE LOOP VERSION」(長い。。。)

シンプルな左右対称のループがあるだけのスリングプレートです。
上の画像のものは前期型としておきます。(後述)

きっかけは、DEVGRUのHK416の画像を漁っていて、SEAL御用達のCQDのスリングプレートを付けているのは見ないなぁと
不思議に思っていたところ、マーク・オーウェン氏の画像から明らかにCQDとは違うスリングプレートが付いているので調べてみたら行き着きました。



マーク・オーウェン氏のHK416

隊員個人でカスタムしている説も無くは無いですが、銃器系はパッケージで支給されるものでしょうから
恐らくこのスリングプレートも支給時から付いているものではないかと推測しています。(確証は無いですが。。。)


その他の隊員でも確認出来ます。


一番メジャーな画像はこちらでしょうか。

ただ、当のマーク・オーウェン氏のHK416も付いている時期もあれば、ついて無い時期もあり
時系列で追えないので、複数丁支給されているかロアの付け替えの可能性もあります。
一応、「No Easy Day」では付いているのが確認出来ます。


わかり辛いですがループが確認出来ます。

思えば、DEVGRUのM4のハンドガードやHK416になってから、光学機器の嵩上げに使われたライザーなどメーカーはGG&Gでしたね。
意外と関係が深いメーカーなのかも知れません。


ミスったわけじゃありませんが、もう一個届きました。


こちら後期型w

CQDと違い、形状に変更はありませんがどこかでマイナーチェンジがあったようで
ロゴマークに変わってました。


前期型と後期型比較

このスリングプレート、ずっと見ていると。。。
織田裕二っぽいですw


織田裕二というよりウッチャンの織田裕二似ですねww  

Posted by BULL at 01:31Comments(0)Guns